作家/ライター佐原 晃の作品製作ブログです。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月7日、8日に船堀のタワーホール船堀で行われました第49回日本SF大会TOKON10に参加しました。

今回は初日に自主企画、

「日本沈没の部屋」

を、
「日本沈没」第二部を執筆された、谷甲州先生
平成漫画版「日本沈没」を執筆された、一色登希彦先生


をゲストにお招きして、対談形式で行いました。
ゲストに来てくださった、谷甲州先生、並びに一色時彦先生
それから、当日見に来てくださった皆様、

本当に有り難う御座いました。

今回の企画に関しましては、自分が谷甲州FC「青年人外協力隊」の隊員であったことと、偶然が幸運にも重なって一色先生と一緒に仕事する関係にまで至った事。
平成映画版「日本沈没」の公開時期に合わせて出版が開始された、別々に企画された二作品をについて公式の場でまとめておけるのが、たまたま自分しかいなかった。それ故に、やらせていただきました。
いろいろ不手際もあり、拙い司会でもありましたが、一応こちらの用意した聞いておかなければならなかったことは、全部ゲストお二方にお聞きしたので、まあそれで勘弁してください。

それから、あらためて当日協力していただいた皆様、誠に有り難う御座いました。
それと、人外協の笠井さん。本来なら自分がテープ起こしするべきところなんですが、すいませんがよろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------

その後は、岡部いさく先生がいらっしゃったので、隣の部屋でやっていた企画、「ヒコーキが先か? ストーリーが先か?」へ。
すいません。これから数年後に

「北欧のお姫様がサーブの戦闘機に乗って戦うアニメ」

が出来上がっていたら、それは自分がネタ振りしたせいです(笑)

------------------------------------------------------------------

2日目は「すごい科学で守ります」行って、ラノベ関係の企画行って撤収しました。

スポンサーサイト

明日11日、明後日12日はIF-CONこと架空・仮想戦記コンベンションです。

まあ、参加要項とかはリンク先を見ていただくとして、今回もさはらはゲストとして参加します。

んで。

明日、会場のふたき旅館に『傭兵空母〈天城〉』-戦艦ビスマルク救出作戦-を持参して来てくれた方。

希望者には、作者のサインを入れますよ。

以上

さる方のご好意(笑)で、昨日行って参りました。
実は、最初から最後までガチの声優イベントというのは初めての経験だったので、どんなものなのかマジ分からずに行ったのですが、会場がライブハウスのZEPP TOKYO だったので、完全に立てノリイベントだったわいなあ(アア、アシコシガツラヒ……)。

まあ、細かい事は書きませんが(笑)、カールスラント組の三人がこの手のイベントで揃うのが初めてで、しかもイベントの中でカールスラント空軍の制服(笑)を着ていらっしゃる。
背景に置かれている大道具・小道具もホンモノ(無線機触りたかったぁ……)

日本はここまでバカ(誉め言葉)が出来る様になったんだ!

と、素直に感動しましたですよ。ハイ。
事前に「勝利せよ!ウィッチーズ」と「ダンケシェン・ウィッチーズ」を聞き込んで行った甲斐があったと言うものです。

当初の登場予定は、宮藤の福圓美里さんと、リーネちゃんの名塚佳織さん、シャーリーの小清水亜美さんとルッキーニの斎藤千和さん、サーニャの門脇舞以さんとエイラの仲井絵里香さん、カールスラント組の田中理恵さんと園崎未恵さんと野川さくらさん、そして石田耀子さんと、竹井醇子役で2期登場予定の浅野真澄さんだったんですが、アンコールの時にサプライズが!

本来スケジュールが合わなかったハズの、沢城みゆきさんが登場!

ここで気が付いちゃったよ。

あっ、生ヴァルハラコンビだ!

(マテ、ソレハ作品ガチガウ……)

第二期主題歌「プライベートウィング」フルコーラス初披露とか、本当に二期の放映が待ち遠しくなる楽しいイベントでありました。

最後に、

生・門脇舞以さんの可愛さはガチ!

えー、どうも。佐原晃です。
11月3日から4日にかけて、架空戦記コンベンションIFCON2007というイベントが東京都・本郷のふたき旅館という所で開催されます。

IFCONサイト
http://www.ifcon.jp/
なお申し込みは、まだ若干の余裕があるとのことで、申し込み期間は10月31日まで延長されています。

佐原晃、今回ゲストとして初参加します。さらに私も、一応架空戦記作家の端くれですので、11月3日の夜に企画部屋を1ついただいております。

 「迅雷計画といろもの兵器の部屋」
 佐原晃と 『迅雷計画』のイラストを担当していただいております長谷川正治先生(ハヤカワ刊の「戦闘妖精雪風」や、メカニックマガジンでおなじ み)を相方に、いろもの兵器についてバカ話をしようというのがメインの企画です(佐原&長谷川コンビで『迅雷計画』を造っていますので、『迅雷計画』の話 もします)。
 初めて、ここの管理人がいろもの兵器(場所が場所なので兵器限定)について本気で語ります。さて、何が飛び出しますやら?

稜王学園高等部3年B組のウワサによると、第65回世界SF大会/第46回日本SF大会 Nippon20079月1日開催される企画に、


架空戦記作家 佐原晃が出演する企画があるそうです(笑)


マジですか……?


マジです……。


なお、この企画部屋には


『迅雷計画』の表紙とイラストを担当しておられる長谷川正治先生


もいらっしゃいますので、『迅雷計画』のコンビを見てみたいというもの凄く奇特な方がいらっしゃるようでしたら


414号室


なので、探してみよう。ヘタするとオープニングで、おは☆Lucky~! とか……言いません。断じて言いません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。