作家/ライター佐原 晃の作品製作ブログです。

2008/101234567891011121314151617181920212223242526272829302008/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はい。先程、迅雷計画 -そして、星へ行く船-」あとがきの執筆が終了いたしました。

これで残務は、最終著者校正表紙、イラストのチェックだけですかね。こうやって、どんどん作業がなくなっていく今の過程には、少々寂しさを感じています。
もっとも、次回作への準備というわけではないですが、久々にまとまった本のインプットをやっています。文庫本で11巻もあるような長編、こんな機会でもないと読めませんからねえ。

さて、あとがきですが。

「えと、あとがきです」

で書き出しました。これは、このサブタイトルである限りお約束です(笑)

スポンサーサイト

まだ、何にするかがようやく決まった段階なのですが、

「迅雷計画 -そして、星へ行く船-」の表紙は、

これまでの架空戦記では絶対にありえねーハードウェア

表紙を飾ることに先程決定いたしました。どなたかの架空戦記にあった、F-86よりも凄いよっ!

何が表紙を飾るかは、

禁則事項

です(笑)

IFCON8、昨日無事に終了いたしました。

総統様とていとくさまを始めとする主催者の皆々様と、ゲストの諸先生方と、参加者の皆々様。とりわけ、ウチの企画に来てくださった皆々様と、私のわがままに付き合ってくださった井上@Kojii.net様、そして伊東さん。本当に、有り難う御座いました。お疲れ様でした。

今回、ウチの企画はかなりぐたぐたであったと反省しております。
結局、用意した動画を一本たりとも使っているヒマがなかったわけで、次回もしも機会がありましたならば、もっと進行を考えてやりたい(というより、次回以後はちゃんと「いろもの兵器の部屋」のみにしたい)と反省しています。
とまれ、今回で拙著「迅雷計画」関係で話をするのもおそらく最後になると思います。最後の締めを、わがまま代わりにやらせていただきました。企画参加者の皆様、あらためて本当に有り難う御座いました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。