作家/ライター佐原 晃の作品製作ブログです。

2008/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年はなんのかんの言っても、初の長編作品

「迅雷計画」を完結させたこと

最大の収穫でした。

「迅雷計画」自体の最大の反省点は、自分の最もやりたかった部分を書くのにシリーズ最終巻までかかっちゃったこと。もっとストレートに宇宙まで持って行ける話を、そのうちやりたいと思います。
でもまあ、架空戦記で宇宙まで持って行ったのは、私と佐藤大輔先生ぐらいなものなので、はっきり言ってそこは本当にしてやったりです。
いろんなところでいろんな事を言われているようですが、現在の架空戦記界の出版事情4巻まで発売されたという事は、決してシリーズ全体の売り上げが悪かったわけではありません。でなきゃ、3巻で打ち切り喰らってますから。それを、8年ぶりの復帰作&初の長編作品で成し遂げたことは本当に収穫でした。
タイムスリップではなくタイムトンネルを使ったとか、アメリカと講和に持ち込むために米国世論に核ヒステリーを起こさせたとか、何で今まで誰も書かなかったんだろうと思っていた反則技をいっぱいぶち込ませていただきました。

続く反省といたしましては、実は今年は間違いなく、ノベルズ6冊出せるだけの分量は書いています。つまりまあ、世に出た倍の仕事をしていたというか、半分書いたものが世に出なかったというか、その辺は関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたものもあり、本当に反省しております。

逆に言えば、年間6冊程度という、他の作家さんと比較すれば少ない仕事量ではありますが、年間に確実に仕事出来る分量は把握出来ましたので、来年は今年の倍の仕事が成果物として世に送り出せるといいなあと考えております。

「迅雷計画」の読者となってくださった皆様。

本当に、有り難うございました。

さて、来る2009年でありますが、

まず現在、ひさびさに雑誌仕事を一本やらせていただいております。これは、昔からこういう仕事もやりますよと言っていた海外文献を翻訳したものを基に記述するマジメなミリタリーの記事で、しかもこれまで日本のライターさんのほとんどが、自分の考える着眼点で書かなかったものを書かせていただいております。
これが書店に並ぶのは、3月になるでしょうか。私はこういう仕事も出来ますよってところをお見せしますので、これが呼び水になって来年は雑誌仕事が増えてくれると有り難なあと考えております。

それから、実はもう学研歴史群像新書の次回作については、とっくの昔に企画が通っております。

これの1巻目は、5月頃には出版出来るのではないかと考えております。つか、実は「迅雷計画」とほぼ同時期企画書にOKはもらっていました。
日本の架空戦記の出版事情として、主役は日本人で日本のメカじゃないと不可というお約束が御座いますので、

主役は日本海軍の航空母艦

ですが、

舞台は最初から大西洋

です。タイトルをちゃんと書くとネタバレになるので書きませんが、

『傭兵空母「**」』(仮題)

ということになると思います。ちなみにこの話は、最初から全3巻で行きます。

それとは別に、現在進行中なものは、

「仮称作品Ba」 : 今年の初めに書いていたやつ。架空戦記ではありません30代~50代の方に喜んでいただければと思って書いておりますので、まあそんな感じのノベルズ・レーベルに持って行きたい。
これについては、深く静かにではありますが、ゆっくりと着実に少しずつ進行中。そして、今もっとも書いていきたい、書き続けたいお話

「仮称作品Fo」 : 「迅雷計画」より、もっとストレートな宇宙開発架空戦記のようで恋愛小説という、受けるんだか受けないんだかよく判らん話。もちろん企画書段階ねーちゃんが主役なので、フツーの架空戦記レーベルには持って行けません日の目を見ない可能性も大(笑)

「仮称作品M」 : 萌えミリタリー作品(笑)架空戦記ですらないおバカな話。もちろん企画段階だが、おバカでストレートに解りやすい話なのは確か。「迅雷計画」4巻のような怪獣総進撃実現可能なお話。

「仮称作品Si」,「仮称作品Sn」 : 某レーベルで宙に浮いているお話某レーベル完全に作戦練り直しになったのでどうなるかわかりませんが、ネタ自体は10年前から考えていた話なので、どこかで再生産するのもアリかも。もちろん、某レーベル何らかのものを世に出す方行再起動させます。

某ムックの企画書 : ちゃんと書け>ワシ 悪だくみをムダにするな。

もう少しなくもないですが、大きくはこんなところ。でも、この中から年間6冊程度だからねえ。全部は到底世には出ませんが。

というわけで2009年は取り敢えず、

『傭兵空母「**」』(仮題)

をよろしくお願いします。

スポンサーサイト

実は、学研歴史群像新書から出版された本がもっとも気にしなきゃなんないのは

紀伊國屋書店の販売実績

そりゃあまあ確かに、文教堂J-Booksの瞬間最大風速 新書で4位とか、

amazonの瞬間最大風速 2,300位代とか

も嬉しいんだけど、本日待ちに待っていた紀伊國屋書店の新書 週間ベストセラー(2008年12月22日 ~ 2008年12月28日)が発表されました。

56位っ!

あー、50位以内狙ってたのにな(笑)
でもまあ、これはこれで。

楽天ブックスウィークリーなら新書最大47位だし(現在78位)、
セブンアンドワイウィークリーなら文芸156位だし(新書だけじゃないのがミソ)、

あと嬉しいのは、amazonで一週間経っても総合1万位以内をウロウロしているところ。
そういう意味では、文教堂も30日(一週間)以後もランクインしてくれていると嬉しいのだが、こちらはまあ週間ランキングに期待(悪い数字にはなってないだろうから)。

あとは累積でどんだけ売れるかですが、これは3巻4巻1巻と2巻より部数減らされているのでな。こっちは高望みしない。

まあ、私も人の子なので、自分の本がどんだけ売れてるのかはヒジョーに気になるものなのですが。

今回の流通は本当に不思議だ。

確か発売日22日のはずだったのに、一部では25日に発売という話で、25日まで意地でも入荷させない本屋チェーン店があったり……(いや、そこはデイリーでコンスタントに売れてるから文句言う気はないんだけどさ)。

デイリーのランキングで100位以内に入っていないのに、ウィークリーのランキングで47位にいる楽天ブックス
これ多分、プログラミングミスでしょ。高嶋君の『強襲戦艦「大和」』も楽天ブックスのデイリーランキングで100位に入ってないのに、ウィークリーだと70位にいるし。
おそらく、楽天ブックスのデータ入力担当者が、今回の歴史群像新書の新刊戦国ものにしかフラグ立ててないんだよな。

まあ、それでもウィークリーで100位以内に入っているからいい。

最大の問題は、

ビーケーワンが俺の本だけ、データ入力してない件について。

他の歴史群像新書の新刊がデータ登録されているにも関わらず、どんなに検索を駆使しても

「迅雷計画-そして星へ、行く船-」

だけ出て来ませんが。 ビーケーワンのデータ入力担当、おいらのだけデータ入力ミスりやがったなっ!

ちくしょー、ビーケーワンで二度と買ってやんねえぞ

迅雷計画 -そして、星へ行く船-』Amazonで予約可能となりました。

ショップ学研でも予約可能。帯文掲載されました。
セブンアンドワイが近日発売。
楽天ブックスが予約可能。
ブックサービスも予約可能。
e-honはデータ登録状態。
紀伊國屋書店も予約可能。
ジェイブックもデータ登録状態。
本やタウンも予約可能。
八重洲ブックセンターもデータ登録状態。

……まあ、どこの出足が遅いか(笑)は一目瞭然ですが。

というわけで、皆様。よしなに。



とりあえず、Amazon全国書店ネットワーク・e-honセブンアンドワイ旭屋書店ブックサービスのデータに登録されました。まだ、買えませんけどね(笑)
ISBNコード978-4-05-404011-3となっています。税込価格990円っ!

さあて、それでは表紙を公表します(画像はボツ版なので一部だけ違います)。

迅雷計画4表紙

 ボーイングX-20ダイナソアっ!

4巻のメインはもちろん、地球周回軌道上の戦闘だっ! 未だかつて、架空戦記でここまでやった話はほとんどないハズだねっ!

昨日、中のイラストのチェックを完了。これでもう完全に、「迅雷計画」に関する作業は自分の手を離れました。ふう、やれやれ。

歴史群像新書の次回巻のお知らせにも、「迅雷計画」4がちゃんと入ってますね。

ちなみに、同時刊行『強襲戦艦「大和」』は、我が盟友・高嶋君の作品なので、今月22日に書店に言ったら『迅雷計画-そして、星へ行く船-』と一緒にレジに持っていっていただけるとヒジョーに有り難いっ!

というわけで発売は、

12月22日

よろしくお願いしまーす。

いやもう、タイトルの通り

いやいや、そろそろ書いておかんとまた広告を入れられてしまうのでということもありますが……。

「迅雷計画 -そして、星へ行く船-」の表紙が出来上がって来ました。
本来ここで、画像をお見せしたい所なんですが、今回ほど歌舞いた、そして極めて「迅雷計画」最終巻に相応しい表紙もないと思うので、とりあえず今回は非公開とします。

あ、でも。

架空戦記史上、類い希なる表紙

となったことだけはお約束しますよ。そして、全巻を通じて読んでいただいた宇宙好きの読者の方には

とても納得していただける表紙

になったとも思います。

かく言う本人は、最終著者更生……もとい著者校正中ですね。間違いなく今回は、読者の予想範疇の斜め上を行く展開になっていますねえ(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。