作家/ライター佐原 晃の作品製作ブログです。

2008/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まいど1号、打ち上げ成功=東北大、香川大、高専の衛星も-発信電波を地上で確認
>鹿児島・種子島宇宙センターから23日午後に打ち上げられたH2Aロケット15号機に
>搭載された
小型副衛星7基のうち、大阪府東大阪市の中小企業などが開 発した「まい
>ど1号」など4基がロケットから無事分離され、発信した電波が地上で受信された。衛星
>の基本機能が確認され、打ち上げが成功した。

>まいど1号以外の3衛星は、東北大「スプライト観測衛星」と香川大「スターズ」、東京都
>立産業技術高等専門学校「KKS-1」。高専生の衛星が打ち上げられ、成功したのは
>初めて。

>小型副衛星は、宇宙航空研究開発機構と環境省などの温室効果ガス観測技術衛星
>「いぶき」に相乗りする形で搭載された。

>(2009/01/23-15:57)

さすがは時事通信。何を報道しなければならないのかが、よーく解ってらっしゃる。

(他の報道機関は全部× 衛星の軌道投入成功を確認してこそのロケット打ち上げ成功でしょうが)
オイラも、65年前の衛星軌道に「まいど1号」を投入する小説を書いた人間なので、今回の軌道投入成功には一際感慨深いものがあります。

東大阪宇宙開発協同組合のみなさん。

本当におめでとう御座いました。
スポンサーサイト

さっき、現在お仕事をいただいている某雑誌の原稿を書き終えて、取り敢えず相手先に送信いたしました。

まあ、まだ何処の出版社の何に書いたとは書きませんが、久々のまともな

軍用メカについてのテクニカル記事

です。特にこのメカは、日本では散々書籍や雑誌記事になっていますが、このメカについて書かれた本で感心できる本と言えば

野木恵一さんが執筆された本

だけですし、このメカの運用について書かれた本と言えば

オスプレイ・ミリタリーシリーズ

しかありません(うわっ、ここまで書くと何について書いたか解っちゃうかも)。

もちろん自分は、このメカの、

運用についてめいっぱい

書かせていただきました。翻訳も完璧。もちろん、

「迅雷計画」にも登場したメカ

です。

雑誌掲載は3月の予定。

また、間近になれば詳細を公表しますのでご期待下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。