作家/ライター佐原 晃の作品製作ブログです。

2009/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴野拓美先生、肺炎により1月16日午後8時6分逝去されました。

小隅黎のペンネームでSFの翻訳を著され、多くのアニメの設定も手がけられました。
不肖、佐原も辰巳出版の科学忍者隊ガッチャマン本「誰だっ!!科学忍者隊ガッチャマンで、科学忍者隊のメカ解説の仕事をした際には、

「こういう仕事をしたんですよ」

というご報告が出来ました。 あれが、最高の思い出であります。

柴野先生、これまでのお仕事、本当に楽しませていただきました。ありがとうございました。お疲れ様でした。

野田昌宏先生や矢野徹先生によろしくお伝えください。

合掌!

スポンサーサイト

『傭兵空母〈天城〉』2巻目ですが、現在141ページの時点で第3章取りあえず終了です。

なんで取りあえずかって言うと、何か書く事忘れてる様な気がするんだよなあ。まあ、思い出せば書き足しますけど。
第4章は、ほとんどまるまるゼーレーベ作戦での航空戦に話を費やすので、この後延々70ページ近くずうっと戦闘シーンというとてもしんどい話になりそうです。まあ、〆切りは2月末なんで、何とかなるとは思うんですけど。

正直、さっさと2巻終わらせて、最後の3巻もさっさと終わらせて、次に学研で企画の通っている話に移行したい。正直ねえ、次の企画今年から来年にかけてが一番の旬だと思うのよねえ。はあ。頑張ろう。

2010年寅年、

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

今年の抱負は、

1.とにかく『傭兵空母〈天城〉』はちゃんと完結させる。

2.出来る事なら、その次企画通っている学研歴史群像の新シリーズを立ち上げたい。ネタが今年が旬だと思うので。

3.出来る事なら、さらに別のモノを書きたい。

まあ、謙虚に行きましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。