作家/ライター佐原 晃の作品製作ブログです。

2011/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
越後2


えー。昨日あたりより、

時空改変空母〈越後〉-大和の進撃-

書店店頭に並んでいます。

それで今回のシリーズ2巻目なんですが、この本が書店のランキングに入っているであろう1週間の売れ行きで、絶対に負けたくない本が出来てしまいました。

いやはや、新潮社が新書で石原慎太郎

新堕落論 我欲と天罰

なんて出版してるんですね。

言論・表現の自由を規制しようとする石原慎太郎の言論を、いまさら出版する新潮社って、どうなんでしょうねえ?
熟慮の上の出版なのか? 何も考えず出版したのか? それとも売れれば何でもいいって事で出版したのか?
(と、イヤミを書いておく)
ええ、言論・表現・出版の自由である事は理解していますよ。どのような方にでも、言論・表現・出版の自由は御座いますからねえ。

とまれ、「時空改編空母〈越後〉」-大和の帰還-から読んでくださってる皆様は、この話の国家公安委員長が誰になっているのか、よ~くご存知の事と思います。ええ架空戦記ですからね、ただのフィクションですもの。
このシリーズを始める前から、とっくの昔に戦う覚悟は完了しているのですよ。
まさか、こういう具体的な戦いになってしまうとは思ってもみませんでしたけどね(笑)

目下のところ、文教堂のランキングでは10位ぐらい上です。
こちらがランキングに入っている間に、石原慎太郎の著書がランク外に落ちてくれればひとまずの勝ちでしょうね。
本当に今回ばかりは負けたくないです、絶対に!

言論・表現・出版の自由を踏みにじる人間の著書なんて、売れる事自体が間違いですから。

愛ある限り戦いましょう。命燃えつきるまで!






スポンサーサイト
越後2

今回はいったい、何があったんでしょうねえ?
Amazonの仕事の早さには、作者もビックリだよ!

はい、

『時空改変空母〈越後〉』-大和の進撃-

ですが、もう印刷は終了しています。
というわけで予定通り、

12月22日

には書店店頭に並びます。

この日は西尾維新先生の『恋物語』も発売されるので、ついでに『時空改変空母〈越後〉』も買っていただけると非常に有り難いなあ(笑)

さて今回の表紙ですが、
・戦艦〈大和〉
・三菱T-2改支援艦上戦闘機
・ドルニエ・ダグラスDo704リヒトシュトラール艦上戦闘機(ドイツ製F-4Dスカイレイ)
となっています。
スカイレイ、ドイツ軍機塗装にするとむちゃくちゃカッコいいですねw

そしてこの表紙のミソは、

リヒトシュトラールの国籍マーク

でしょうね(笑)

現在、Amazon と BK1 で予約受付中です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。