作家/ライター佐原 晃の作品製作ブログです。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先程、『傭兵空母〈天城〉』の2巻目となります、

『傭兵空母〈天城〉』-機動要塞大空中決戦-(仮題)

脱稿いたしました。

今回は、学研歴史群像新書フォーマットにて226ページ。今回もまあ、ほど良いページ数ですね。

プロローグはミッドウェー海戦から、ドイツの英本土上陸作戦『ゼーレーベ』まで。時間にして1942年6月から1944年6月までのまるまる2年間のお話となります。そして今回で、ヨーロッパ戦は終了です。
あとそうですねえ……。今回は何故か、メインの話はアレクサンドリアに始まり、アレクサンドリアに帰結します。何でこうなるかは、まあ出版されたら読んで下さい。

今回も、ドイツ秘密兵器はてんこ盛り。そして天城には、さらなる魔改造が実施されます。
天城の艦載機は今回から、ほとんどがドイツ機になりますが、一部には受けているキメラ日本機もただ一種類だけ新型機が登場します。

その名は、

中島九七式艦上攻撃機改”虯(みづち)”

どんな飛行機に仕上がったのか? そこは、禁則事項です。

おそらくは、4月末日頃に書店店頭に並ぶと思われますので、出版されました暁には

皆様何とぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jinraikeikaku.blog101.fc2.com/tb.php/102-2184d688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。