作家/ライター佐原 晃の作品製作ブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひじょ~に、悲しい~っ!

(財津一郎さんの声で)
 

藤田まことさんが死去 76歳、大動脈からの出血で

>コメディー「てなもんや三度笠」や時代劇「必殺」シリーズ、「はぐれ刑事純情派」など
>テレビで親しまれた俳優の藤田まこと(本名原田真=はらだ・まこと)さんが17日午前
>7時25分、大動脈からの出血のため大阪府吹田市の大阪大病院で死去した。76歳。

拙著、傭兵空母〈天城〉』の主人公中村時次郎艦長のモチーフは、もちろん中村主水+あんかけの時次郎なので藤田まことさんであった。
天城副長の網代木稔少佐は、もちろん白木みのるさん。天城独逸派遣団団長である艦政本部の南郷利明大佐は、もちろん「ハヤシもあるでよぉ!」南利明さん。独逸駐在武官の財津少将は、もちろん「ひじょ~に、きびしぃ!」財津一郎さんである。

そう、つまり『傭兵空母〈天城〉』という話のモチーフそのものが、てなもんや三度笠』なのである。ちなみに『てなもんや三度笠』にも良く出演していた「誰が、カバやねん!」でおなじみの原哲夫さんは、空母〈天城〉の料理長の役で登場させている。
そう、自分にとって、あんかけの時次郎も中村主水も、そのどちらもがヒーローであった

なんでこのモチーフを選んだかと言えば、理由はいろいろあるが、最大の理由は馬面2枚目半の主人公と背の低い坊主のコンビを活躍させたかったからに他ならない。空母〈天城〉艦長は藤田まことさんでなければならなかったし、副長は白木みのるさんでなければならなかった。その理由は、物語の結末となる3巻まで読んでいただければ納得していただけると思うが、生憎現在まで書き終わったのは2巻までである。

 

メインモチーフが『てなもんや三度笠』になった事で、『番頭はんと丁稚どん』と『あっちこっち丁稚』、それによしもと新喜劇分を絡めてコテコテの大阪風味で『傭兵空母〈天城〉』は味付けされている。実際、空母〈天城〉の乗組員は、全員が全員そろいもそろって故人、引退した人物、行方不明者も含めた吉本の芸人さんで構成されている。まだ、てんぷくトリオを登場させていないので、3巻があれば登場させたいと思う。ついでに、マンガトリオも登場させたいところだ。

 

必殺シリーズを通しでやられ、『はぐれ刑事純情派』から離れ、『仁-Jin-』を途中降板した時点である程度の覚悟はしていたが、やはりこの日が来るのはショックとしか言いようがなかった。

藤田まことさん、安らかにお眠りください。

合掌っ!

こうやって執筆している途中の話の主人公のモチーフに選んだ人が亡くなってしまうのは非常にツライ
今の自分に出来る事は、中村時次郎艦長『傭兵空母〈天城〉』の世界の中で、最後の最後まで活躍させてやる事だと思う。
幸い中村時次郎艦長は、1巻で殺されかけたおかげで俄然やる気を見せ、2巻ではそれなりの活躍を見せる。そして、3巻では遂に真の力に目覚めるのだが、そこまで書けるかどうかは2巻の売れ行き次第となろう。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jinraikeikaku.blog101.fc2.com/tb.php/103-ad36e4d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。