作家/ライター佐原 晃の作品製作ブログです。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマトの轟拳 

わ~い、平積みw
時空改変空母〈越後〉最終巻 -大和の轟拳- 

書店発売中です。

現在、amazonでだいたい5000位ぐらい。
文教堂の総合で、90位から110位ぐらいの間にいますかね。

同時に発売された他の歴史群像新書の新刊ほどは売れてませんが、実は学研の3巻最終刊は、これまでの1巻、2巻よりも配本部数が少なく、当然他の新刊よりも部数が少ないのです。
そりゃあまあそうだね。1巻、2巻を買わないで、いきなり最終3巻買う奴なんて普通いませんもの(笑)
そういうことなので、売れ行きとしては健闘している方だと思います。
というわけなのでこの最終刊は、ひょっとすると買おうと考えている方全員に行き渡らない可能性があります。
(迅雷計画の最終刊は、実は絶版状態なのですよ)
というわけで、読み始めた話を最後まで読まないと気が済まない人は、早めに本屋さんにダッシュして購入してください。

時空改変空母〈越後〉という話としては、この最終刊でやりたかったことはほぼやりきったので悔いはないです。
最初から、この話はこういう話でした。
この話のラスボス(笑)については、最初からこういう結末を迎えさせるつもりでした。
昨年から自分の中で渦巻いていた憤りを、ちゃんと形として出し切ることが出来ました。

そうですね。この作品を構成する上で、今回もいろんな作品の要素を盛り込んでいるわけですが。
たった一つだけ明言しておきたいことは。
この作品は、戦艦〈大和〉を活躍させることが大命題。
そして、かつてサンケイの赤本で戦艦〈大和〉を執筆された野田昌宏先生との関係性を描くためには、ガチャピンをキャラクターとして登場させることが必要不可欠でした。
それゆえに、この作品は自分にとっての『明けましておめでとう計画』でもあります(キッパリ)。



スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/08/21(火) 23:32 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/09/25(火) 21:19 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jinraikeikaku.blog101.fc2.com/tb.php/139-0ef141ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。