作家/ライター佐原 晃の作品製作ブログです。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説を1本書いている間に煮つまってしまうことが何度かあるのですが、今日はもろそういう感じでした。煮つまったら煮つまったで、今抱えている別の仕事に着手すれば良かったのですが、今日は気分がそっちの方には向きませんでした。
だからといって、某動画サイトを見て時間を使ってしまうのもどうかと思うのですけどね。特に、「スーパーロボット大戦に登場させてほしいアニメOP集」なるものを何本もまとめて見てしまったのですが、しまいにゃあアニメ中りしてしまいましたよ。ゲロゲロ。
まったくもう、あの作品とかあの作品とか、ロボットがほとんど出てこないような作品入れたり、ロボットが出ても等身大以下だとかは絶対ムリだから(という反応を、作った方は楽しんでらっしゃるのでしょうねえ)。


三菱Q2M1陸上哨戒機「大洋」


閑話休題。そもそも煮つまった元というのが、実は今回の「迅雷計画2」(仮称)には、三菱Q2M1陸上哨戒機「大洋」が登場するのですが、手持ちの資料を見ると双発の計画だけでなく、4発の計画もあったとのこと。
そこで悩んじゃったんですよねえ。最大航続距離が3,700キロ程度では短すぎるのかなあと考えてしまって……。そこから火星4発にしたらどうなるかという思索が始まって、結局のところ煮つまり……。
結局、さっき出た答えと言うのが、読者に考えさせるのもどうかと思うので、大洋は火星双発のままでの登場というところに落ち着きました。その代わり、航続距離を向上させるためにある手立てが行われるのですが、これについてはまあナイショですね。
というわけで本編冒頭には、三菱陸上哨戒機「大洋」九州陸上哨戒機「東海」九州艦上哨戒機「白菊」の三機種がそろい踏みとなる予定です。この辺を使った架空戦記は、多分今までなかったんじゃないでしょうか? 実は私は、ASWが大好きです。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jinraikeikaku.blog101.fc2.com/tb.php/4-88a69caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。