作家/ライター佐原 晃の作品製作ブログです。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山崎直子

>宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10月27日、山崎直子宇宙飛行士が搭乗するスペ
>ースシャトル・ディスカバリー(STS-131)の打ち上げ日が、2010年3月18日に決定した
>ことを発表した。

このSTS-131ミッションは多目的補給モジュール(MPLM)を搭載し、食料品、補給
>品、実験装置などを国際宇宙ステーション(ISS)に運ぶ。山崎直子宇宙飛行士は今
>回が初飛行で、ミッション・スペシャリストとして搭乗する。

山崎直子宇宙飛行士(旧姓:角野)は1970年千葉県で生まれ、東京大学、メリーラン
>ド大学を経て、1996年に宇宙開発事業団(現:宇宙航空研究開発機構)に入社。2001
>年に宇宙飛行士に認定され、2004年にソユーズ有人宇宙船のフライトエンジニア資
>格を取得し、2006年にスペースシャトルのミッション・スペシャリスト(MS)資格を取得
>した。

また、2000年に山崎大地氏と結婚し、2002年8月に女児を出産し、ママさん宇宙飛行
>士。
>現在家族3人でアメリカのヒューストンに滞在し、山崎直子宇宙飛行士はジョンソン宇
>宙センターで訓練を続けている。

『迅雷計画』-そして、星へ行く船-のラストで、種子島から打ち上げられる月ロケットを見送る小学生の女の子山崎直子さんだというネタは、イマイチ認知していただいていないようなので、公式にここに書いておきます。
やっぱり、宇宙に行くのは美女じゃないと!

というわけで、さはらあきらは

山崎直子さんとSTS-131ミッションを心から応援します。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jinraikeikaku.blog101.fc2.com/tb.php/94-2a67f1c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。