作家/ライター佐原 晃の作品製作ブログです。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンノウンうぃっちーずシークレットファイル


Firstspearと言えば、ストライクウィッチーズの軍事考証・世界観設定である鈴木貴昭さんとコンビを組んでストライクウィッチーズの半公式ストーリー『スフィンクスの魔女』を描いていらっしゃる漫画家、野上武志先生の同人誌サークルですが、そのFirstspearと、蒔野靖弘さんの同人誌サークルうに道楽Hana-Gさんのミリタリーサークルであるヤリタリミンの合同企画で、コミックマーケット81向けに、オリジナルうぃっちーず豪華アンソロジー合同誌


アンノウンうぃっちーずシークレットファイル

が発行される事になりました。12月31日発売、価格:1,890円(税込)
現在、メロンブックスさんで予約受付中です!
メロンブックス特設ページへ

人気作家陣が考えたオリジナルうぃっちーずの物語を集めた、豪華アンソロジーが登場です!
アニメやアフリカ等の公式キャラや半公式キャラとは一味違った、魅力的な魔女達が大集結☆
そんな可愛らしい少女達による、迫力の戦闘シーンやのんびりとした普段の日常等をお届け♪
オリジナルうぃっちーずの活躍をたっぷりと詰め込んだ、珠玉の合同誌を是非お楽しみ下さい。

●豪華執筆陣(敬称略)
京極しん/しのづかあつと/新和涼/高永浩平/松田未来/たちきヤマト/タナカ/
佐原晃/もず/くみちょう/足が折れた/二歩二郎/TYPE.90/飯沼俊規/日野カツヒコ/むらかわみちお/鈴木貴昭/野上武志


いやあ、豪華ですねえ執筆陣。
……あっれえ、執筆陣の中に”佐原晃”って書いてあるよ(爆)

はい。佐原さん、ストライクウィッチーズのオリジナル短編小説を書いてしまいしましました!
題して、

セヴァストポリ1944


ストライク世界の東部戦線のお話ですね。

基本的に、このアンソロジーは公式に登場していない魔女ストライカーなどをメインとしたアンソロジーですので、『セヴァストポリ1944』にも佐原晃が考えた魔女とストライカーが登場します。しかも、3人も!
それじゃあちょっと、『セヴァストポリ1944』のキャラ紹介しちゃいましょう。

・柏手いさみ(かしわでいさみ)
 年齢:19歳
 所属:
扶桑皇国陸軍明野飛行学校実験中隊
 階級:少尉
 使用機材:川滝キ-45 二式複式戦闘脚『屠龍』、扶桑刀:藤原兼重
 使い魔:シベリアトラ
 通称:『扶桑海のみそっかす』
 イメージモデル:樫出勇

・ブリギッテ・フォーグラー(ぶりぎって・ふぉーぐらー)
 年齢:16歳
 所属:カールスラント・ハンザ航空株式会社
 階級:テストウィッチのため階級なし
 使用機材:ハンザHa141試作偵察戦闘脚
 使い魔:ヤマネコ
 通称:Bv、俗称:『片翼の天使』、蔑称:『カールスラント一不幸な少女』
 イメージモデル:なし

・アナスタシア・T・イェゴロバ(あなすたしあ・T・いぇごろば)
 年齢:13歳
 所属:オラーシャ陸軍第305攻撃連隊
 階級:中尉
 使用機材:イリューヒンIl-200『シュトルモビーク』
 使い魔:ヒグマ
 愛称:ナスーチャ、俗称:『いさましいチビのシュトルモビーク』
 イメージモデル:
アンナ・エゴロワ

はいはい、双発ストライカーと左右非対称ストライカー、そしてオラーシャの対地攻撃ストライカーをやらせていただきましたよん。敵ネウロイもスペシャルですよ。よろしくお願いします。
えー、拙著最新刊の

「時空改変空母〈越後〉」-大和の帰還-

ですが、本日あたりから学研電子ストアにて電子書籍版が発売になりました。

お値段は800円です。新書で買うより190円安いね。

あの「まんがサイエンス」を販売している学研電子ストアですので、iPad、iPhone、IPodtouch にアプリをインストールしている人は、買ってくれると有り難いぞと。
先程、さはらの新作

『時空改変空母〈天城〉』(仮)の第1巻

-〈大和〉の帰還(仮)-

が脱稿しました。

本来の〆切りは2月末。今日は2月31日なんだ。きっと、そうなんだ!

さて、今回の新作ですが、基本的には

戦艦〈大和〉を大暴れさせる話

として構成しました。

航空母艦〈越後〉と戦艦〈大和〉。
この二隻がシステムとして運用されることで、
絶対的な防御能力と、正確無比で強力な攻撃能力を併せ持つ
絶対無敵の戦闘システムを構築してみました。

マリアナ沖海戦から始まり、レイテ湾を経て、沖縄戦をクライマックスとする本巻は、
最後に真珠湾へと帰結します。
そう、この巻が新たなる敵との新たなる戦闘の幕開けとなるのです。

おそらくは4月末発売
皆様、よろしくおねがいいたします。

新年、明けましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願いします。

まあ今年の目標はとりあえず、『時空改変空母〈越後〉』をちゃんと船出させる事ですねえ。
全然遅れているので、正月だろうがなんだろうが今日も仕事です。
ただまあ今年は神頼みしたい事があるので、この後初詣には行く予定です。

今年は正直どうなるのか分かりませんが、〈越後〉だけはなんとか無事出版させるのが当面の目標ですね。

では皆様、よろしくお願いします。
今年も皆様、お世話になりました。

今年は特に、『傭兵空母〈天城〉』の中村艦長麾下の乗員達と、32人の戦乙女達が本当にお世話になりました。
まあ、シュミに走ったとか言われてますが、最初っからこういう話で考えていたので3巻構成でありました。

さて、大晦日だというのに、実は今仕事中です。
『時空改変空母〈越後〉』、かなり遅れています(^_^;)
現在はようやっと、マリアナ沖海戦帰りの小澤治三郎中将と、今回の話の影の主役が太平洋上で邂逅したところです。

この人物を中心に、歴史を大きく改変するのが次作

「時空改変空母〈越後〉」(仮題)

となります。
来る年はとりあえず、この作品に全力投球です。

来年も皆様、よろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。